年齢とともに食べ物の好みが変わるという問題から、自身の食の考え方、グルメ選びの変化についてまとめました。

グルメな友達とイタリアンレストランにランチに行きました
グルメな友達とイタリアンレストランにランチに行きました

添加物を除くことによってグルメになったこと。

年をとって食べ物の好みが変わった、というのはよく聞く話ですよね。私はもうすぐ30歳になりますが、近頃それを感じることがありました。もともとそんなに食べ物にはうるさいほうではなく、いそがしいときはとにかく口に入ればいいと思ってるようなタイプでした。好き嫌いもあまりないので大概のものはおいしく食べられる得な人間だったのです。しかし最近どうもおかしいなと思うようになりました。

先日、時間がなかったので出先のスーパーで適当にお弁当を買って自宅に帰りました。おなかがすいていたのでさっそく一口食べたところ、なんだか変な味がするなあと感じました。スーパーでよく売られている値段の安い幕の内弁当でしたが、よく見るとおかずは大体が冷凍食品でした。その添加物の味で、食べられなくなってしまったのです。今までこういったことはなかったのですが、私には思い当たることがひとつありました。我が家にはちいさな子供がいるのですが、その子供がアレルギー体質なため、最近になって添加物を除去した食事を作るようになったのです。それですっかり自分の舌がグルメになっていたのでした。いまでは外食をするときは自然食のお店などを選ぶようになりました。

関連キーワード